「 ブリュッセル旅の注意点・持ち物など基本情報 」一覧

【まとめ】ベルギーを旅する前に絶対知っておきたい基本情報

ベルギー 地図

2015年、直行便が就航したことにより、さらに注目を集めるベルギー ブリュッセル。

その街並みのすばらしさだけでなく、キュートな雑貨やレース小物、チョコレートショップをはじめとする食文化などの要素は、まさに「女子旅」にピッタリ!

そんなベルギーについて、旅する前に絶対知っておきたい基礎知識をまとめてみました。

1.そもそもベルギーってどこにあるの?

ベルギーは、西ヨーロッパにある国。

フランスなどと同じく、欧州連合(EU)の1つで、パリから高速列車タリスで1時間半ほどの場所にあります。

首都はブリュッセル市です。

時差

マイナス8時間。

日本からの距離

直行便で約12時間。

2.ベルギーの気候とベストシーズン

北半球にあるため日本と同じような四季があるベルギー。

ですが、東京よりも、平均して5度ほど寒いのが特徴!防寒の用意を忘れずに。

ベストシーズンは4~9月です。

さらに詳しく知りたい方は、ベルギーの気候に関する別ページをご覧ください。

3.ベルギーの公用語

ベルギーの公用語は、フランス語、オランダ語、ドイツ語の3つ。

首都ブリュッセルでは、主にフランス語が使われています。

さらに詳しく知りたい方は、ベルギーの言語事情に関する別ページをご覧ください。

4.ベルギーの治安

ベルギーは、ヨーロッパの中では比較的安全だといわれています。

とはいえもちろん、人が多く集まる有名観光地や、地下鉄(メトロ)の駅、車内などでは、盗難被害が多く報告されているのも事実。

ブリュッセルの地下鉄

切符を買う時なども気を抜かずに。

また、テロなどの情報も含め、訪れる際は、在ベルギー日本国大使館のサイトなどの確認もしましょう~。

注意点などさらに詳しく知りたい方は、ベルギーの治安に関する別ページをご確認下さい。

5.ベルギーのお金事情

通貨は、EU統一通貨である「ユーロ」と、補助硬貨として「セント」が使われています。
日本で両替していきましょう。

ユーロ 紙幣

チップ

ホテルやレストランの料金には、基本サービス料が含まれていますが、少額のおつりをチップとして残したり、また、何か特別なお願いをしたときや、清掃サービスなどには1ユーロほどお礼するのがスマートです。

ユーロ コイン

クレジットカード

大金を持ち歩かずにすむクレジットカードは海外旅行の必須アイテム。

ベルギーでは、VISAかマスターカードが良いようです。アメックスは使えない場所が多いので注意。

ブリュッセルで使えるクレジットカード

直行便がANAから出ている事から、三井住友VISAカードのANAカードを1枚作って持っていくのがオススメです。

さらに詳しく知りたい方は、ベルギーのお金事情に関する別ページをご覧ください。

6.ベルギーの電源 電圧

ベルギーのプラグの種類は、2本ピンのCタイプ、3本ピンのSEタイプの2種類あります。

電圧は220Vで、周波数は50HZ。たいていの日本製品はコレに当てはまっていると思いますが、それ以外の電圧のものを持参する場合は、変圧器が必要です。

海外Wifiサービスなどを利用する人は、マルチ変換電源プラグも一緒にレンタルするとすごく便利です。(スマホの充電器なんかも一緒に借りる事が出来ます。)

ブリュッセルおすすめ レンタルWifi

個人的には業界最安値の海外WiFiレンタルのグローバルWiFiなどがオススメ。私も毎回、羽田空港のカウンターでチャチャっと借りてます!

その他の準備品に関して知りたい方は、【まとめ】旅ライターのブリュッセル旅 持ち物リスト大公開 の記事をご覧ください。