日本では買えない!老舗チョコレートショップ「ノイハウス」に行こう

シェアする

ノイハウス ギャルリーサンチュベール

ベルギーといえばチョコレート。

ライターも、とにかくチョコレートが大好きで専門サイトも作っちゃっているくらい(笑)なのですが、そんなチョコレートショップの中から、今回のブリュッセル旅で最初にご紹介するのは「ノイハウス」!

日本に店舗がなく、かなりレアなこのお店。
ブリュッセルを訪れたならぜひ立ち寄りたいですよね。

というワケで、このページでは、そんな「ノイハウス」についてご紹介します♪

スポンサーリンク

「ノイハウス」の地図 アクセス

さて、ノイハウスの場所からご案内したいと思います。

ノイハウスは、ベルギーの首都ブリュッセルを中心に多くの店舗↑があります。

一番アクセスしやすいのは、ブリュッセル一番の観光地である「グランプラス広場」から徒歩数分、高級アーケード街「ギャルリーサンチュベール」↓内にあるお店。

ギャルリーサンチュベール

歴史を感じる佇まいが旅気分を盛り上げてくれます!

Neuhaus Galerie du Roi 5, 1000 Bruxelles, ベルギー
グーグルマップで開く

「ノイハウス」のここがスゴイ

改めてショコラトリー(チョコレートショップ)ノイハウスについて解説したいと思います。

ノイハウスは、1857年、ベルギー ブリュッセルの地で”薬と菓子を商う店”として創業しました。現在もベルギー王室御用達のメゾンとして人気です。

ノイハウス モールド

老舗中の老舗…という言い方が本当にピッタリで、グランプラス近くにあるチョコレート博物館にも、昔使われていたというモールド(型)が展示されていました。

ノイハウス モールド

一口サイズのチョコを発明!

ノイハウスの凄さを一番物語るのは、一口サイズのチョコ(プラリーヌ。フランス語で言えばボンボンショコラのこと)を発明したメゾンだという事。

ノイハウス コルネ

今では超当たり前に売られている↑こういった形状のチョコレート。
中にはさまざまな素材で作られたクリームやゼリーが入っていますよね。

これは、ノイハウスがなければ、存在していなかったもしれない?!

さらに、チョコレート専用の箱(バロタン)を開発したのもノイハウスだと言われています。

実際に「ノイハウス」へ

というワケで、ノイハウス グランプラス店へ。(前述のギャルリーサンチュベール内のお店です)

ノイハウス ギャルリーサンチュベール

赤い「N」ロゴが、いつ見てもお洒落♪

日本で購入するよりもグンと安いお値段で、さまざまなチョコレートが1粒ずつ購入できる!試食も可能です。

おススメは、Tentationタンタシオン)。

珈琲が使われたチョコクリームを、ミルクチョコレートでコーティングした三角形のボンボンショコラ。日本の期間限定催事でも登場し、人気を博したことも。

ちなみに、日本でも実店舗が存在していた時期があるんですが、これまで撤退を2度ほど?繰り返し、2017年現在、日本では購入できなくなっています。

そのため、レア度高し!
ぜひ足を運んでみてくださいね。安いよ~。

ブリュッセル 持ち物 注意点 準備
ブリュッセル 女子旅 おみやげ
ブリュッセル 美味しい物
ブリュッセル 観光地
スポンサーリンク