プロ厳選!ブリュッセルで立ち寄りたいチョコレートショップまとめ

シェアする

ピエールマルコリーニ

ベルギーのスイーツといえば、なんといってもチョコレートです!

子供から大人まで愛されるチョコレートは、日常食としても、そして嗜好品としても彼らの生活に根付いています。

日本では手に入らない or 入ったとしても高い!という、老舗ショコラトリーのチョコ。たくさん買っちゃいましょう!


という事で、このページでは、そんなベルギーの首都ブリュッセルで買える、プロおすすめのチョコレートショップをご紹介します。

スポンサーリンク

ブリュッセルのチョコスポットは2箇所

ブリュッセルのチョコレートショップが多くあるエリアは主に2箇所。
両者は徒歩で10分くらいの距離にありますし、いずれも人気観光地ですので、行きやすいと思います。

グランプラス周辺アイコン

ブリュッセル一の人気観光スポット、世界一美しい広場として有名な「グランプラス」。

ブリュッセル グランプラス パノラマ写真

小便小僧や、美麗なアーケード街「ギャルリーサンチュベール」なども含みます。

グランサブロン広場周辺アイコン

アンティークショップやレストラン、雑貨店などが並ぶ落ち着いた大人のエリア「グランサブロン広場」にも、多くのチョコレートショップがあります。

グランサブロン広場

ブリュッセルで買えるチョコレートショップ

ゴディヴァ

アイコンアイコン日本でも大人気のゴディヴァ。それが故にスルーしてしまいがちなのですが、ぜひ体験して欲しいのが、日本では食べられないコチラ!

チョコレート ディップ ド ストロベリー

チョコレート ディップ ド ストロベリー」!

大きくフレッシュな生のイチゴに、ゴディバのチョコレートがかけられています。
どちらのエリアにもショップがありますので、お好きな方で。

(参考:チョコレート大事典「ゴディバ」

ノイハウス

アイコンアイコン老舗中の老舗ショコラトリーといえば「ノイハウス」です。

一粒サイズのチョコレート(プラリーヌ、ボンボンショコラ)や、チョコレート専用の箱「バロタン」を発明したことでも有名です。

ノイハウス ギャルリーサンチュベール

現在、日本には店舗がないため、ブリュッセルに行ったなら絶対に手に入れたいチョコレートです!

いずれのエリアにも店舗があります(というか、ホントどこにでもある)、訪れるならアイコングランプラス周辺、アーケード街「ギャルリーサンチュベール」内の店舗が見ごたえがありオススメです。

もっと詳しく知りたい人は「日本では買えない!老舗チョコレートショップ「ノイハウス」に行こう」の記事をご覧ください。

メリー

アイコンなんといってもパッケージが可愛い!のが「メリー」です。

日本では「マダム・ドリュック」の名前で知られています。
こちらも、グランプラス周辺アイコンの商店街「ギャルリーサンチュベール」内に店舗があります。

ガレー

アイコン異例のスピードでベルギー王室御用達となった「ガレー」にも注目!

グランプラスから、北西に伸びる「オー・ブール通り」沿いにあります。

ダルシー

アイコン繊細な作りと感性で人気なのが「ダルシー」。

お花やお茶など、お洒落な素材をチョコと組み合わせた面白い味わい。コーティングチョコが薄く、本当に繊細なボンボンショコラなので、お土産というよりは、その場で食べるのがおススメです。

こちらもグランプラスから、北西に伸びる「オー・ブール通り」沿い↑上記で紹介したガレーのお隣にあります。

ピエールルドン

アイコンガイドブックなどにはあまり掲載されていないのですが、個人的にマスト!だと思っているのが「ピエールルドン」です。

ピエールルドン

こちらも上記2軒↑と同じように、グランプラスから、北西に伸びる「オー・ブール通り」沿いにあります。まとめて訪れましょう!

レオニダス

アイコンカジュアルなお値段で楽しめるのが「レオニダス」です。

レオニダス

自分用、というよりはお土産としてたくさん買うのに適しています。
グランプラス周辺にたくさん店舗があります。

ピエールマルコリーニ

アイコンアイコン言わずと知れた有名ショコラトリー「ピエールマルコリーニ」。こちらもベルギーのブランドです。

ピエールマルコリーニ

日本でも気軽に買えるので、マスト!というワケではないのですが、グランサブロン広場アイコンにあるマルコリーニの店舗↓は、季節によって飾りつけがされたり…一見の価値ありの雰囲気のよい店舗です。

ロルビーク通りからゴディヴァ ピエールマルコリーニ

ルパンコディティアン

アイコンアイコンチョコレートショップ…ではなく、オーガニックカフェ「ルパンコティディアン」にもおすすめのチョコプロダクトがあります。

ルパンコティディアン プラリネペースト

コダワリのBIO素材で作られたチョコレートスプレッドが美味しいの!

やや重いですが、繊細なボンボンショコラと違い壊れる心配がないのでお土産として持ち帰るのも◎
どちらのエリアにもカフェがあります。

もっと詳しく知りたい方は「オーガニックカフェ「ルパンコティディアン」でオープンサンドイッチもぐもぐ! 」の記事をご覧ください。

ヴィタメール

アイコン1910年、ブリュッセルで創業した老舗パティスリー。グランサブロン広場でお菓子作りを続けています。

ヴィタメール

チョコレートももちろんおススメなのですが、日本で買えるっちゃー買える。

ぜひ体験していただきたいのが、パンやサンドイッチも食べられるサロンドテ。「La Maison Wittamer」。

特に、朝早くから、朝食を食べるのに利用するのが吉!

グランサブロン広場の雰囲気をたっぷりと楽しみながら優雅にカフェ~~。ランチのキッシュも人気です。

パトリックロジェ

アイコンベルギーのブランドではないのですが、グランサブロン広場にある「パトリックロジェ」にもぜひ立ち寄って欲しい!

パトリックロジェ プラリネ

そもそも日本で買えない…そして年に一度のデパート催事などに登場しても大行列&高価…というブランドです。

パトリックロジェ 品揃え

…フー…というワケで、ブリュッセルに行ったら立ち寄るべきショコラトリーのまとめ、いかがでしたでしょうか。

冒頭の地図を見ていただいた通り、ギューっとまとまった場所にありますので、意外と回れてしまいます。
ぜひ楽しんできてくださいね♪

もっと詳しく知りたい方は、「旨味の粒が口の中ではじけ飛ぶ!パトリックロジェ」の記事でご確認ください!

ブノワニアン

ちょっと最後にもう1つ!

上記で紹介したメゾンたち…グランプラスやグランサブロン広場から、ちょーっと離れてしまうのですが(といっても、直線距離で3キロほど)、個人的にとってもおススメなのが「ブノワニアン」です。

ブノワニアン

日本では、年に1度だけイベントにて購入が可能です。私、毎年、超楽しみにして買ってます!

もっと詳しく知りたい方は、「個人的に…ぜひ食べてみて欲しい!「ブノワニアン」のチョコレート 」の記事でご確認ください!

住所:Chaussée de Waterloo 506, 1050 Ixelles, ベルギーグーグルマップで開く
www.benoitnihant.be
+32 2 534 81 00

本場ベルギー チョコレート試食&手作り体験ツアー(現地オプショナルツアー) icon

ブリュッセル 持ち物 注意点 準備
ブリュッセル 女子旅 おみやげ
ブリュッセル 美味しい物
ブリュッセル 観光地
スポンサーリンク